PiPi's World 投稿小説

古い大きな屋敷の隠し部屋
官能リレー小説 - その他

総合順位:1914位
その他:178位
得票数:18
発起人:匿名さん
投稿日:2014-10-09
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2014-11-05
投稿数:19

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

僕は相馬賢治。大きくて古い屋敷の当主だ。そして、すぐ隣の席にいるのはママの妹で秘書の中村ゆりさんだ。
ゆりさんは僕の世話係でSPでもあった。
「ねえ、ゆりさん?」
「なんでしょうか?賢治様。」
「このお家に隠し部屋があるってママが言ってたんだけど本当なの?」
「さあ、私も聞いたことがありますが見つけたことはありません。」

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す