PiPi's World 投稿小説

僕の大和撫子美人先生
官能リレー小説 - その他

総合順位:2519位
その他:236位
得票数:10
発起人:匿名さん
投稿日:2022-05-05
最終投稿者:会津中将
最終更新日:2022-05-06
投稿数:3

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

僕はヤクザの事務所に拉致監禁された。
「こいつの親から身代金を要求しよう」
「そいつはいいですね。親父。」
組長や組員たちが僕を見て話しているとドアが開いた。
「だれだ、てめえ。」
組員の一人が若い女の人に詰め寄ると、女の人は若い組員を無視して組長のところにまっすぐ歩いてきた。
「何か俺に用かい?綺麗な顔したお嬢さん。」
「その男の子は私の大事な生徒なんです。返してもらえませんか?」
「それは無理だな。俺の大事な車に傷をつけたんだ。今から、こいつの親から身代金を要求するところでね。」

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す