PiPi's World 投稿小説

天才作家の性
官能リレー小説 - その他

総合順位:1492位
その他:150位
得票数:36
発起人:匿名さん
投稿日:2020-02-18
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2020-09-02
投稿数:22

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

菊澤冬樹は大学在学中に著名な文学賞を受賞し文学界に颯爽と現れた新たな天才作家と持て囃された。

ただ、彼自身はそんな世間の反応を冷ややかに見ていた。
数々の賞や称賛の声、作品の売り上げは彼にとって興味のあるものではない。
そんな彼も迷いはあった。普通に企業に勤めながら作家活動をするか、作家という道にこだわるか。
最終的には『俺は俺のやりたいことだけをやる』という意思のもと、プロの作家として生きる道を選んだ。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す