PiPi's World 投稿小説

幻影
官能リレー小説 - その他

総合順位:286位
その他:21位
得票数:285
発起人:匿名さん
投稿日:2016-12-30
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2018-10-14
投稿数:291

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

最愛の彼女を失って半年経った。
ショックで何もする気が起きなかった当時を考えたらだいぶ心も落ち着きを取り戻したが、それでもなお心にはぽっかりと大きな穴が開いたままだった。

彼女の存在は大きかった。
高校時代に付き合い始めて4年、身も心もすべて満たされた気分…彼女と一緒にいると幸せ…人生のすべてといってもおかしくないくらいの存在だった。

あの事故が起こるまでは、だ。


大学生生活も残り1年を切り、就職活動をどうするか考える時期になった。

企業説明会を終えて帰宅する途中、衝撃が走った。

その日は季節外れの寒さに見舞われ、時折雪もちらついた。
北風が強く、駅の案内表示では「強風により遅れ」の文字が目立つ。

暇をつぶそうか考え、駅のコンコースを歩いていた…その視線、目の前。

ブレザー姿の少女。おそらく中学生か高校生。
黒髪ボーイッシュなショートカット。

……まるで亡き彼女の生き写しみたいな女の子が、目の前にいた。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す