PiPi's World 投稿小説

宝探し
官能リレー小説 - その他

総合順位:2433位
その他:234位
得票数:12
発起人:匿名さん
投稿日:2022-05-26
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2022-08-10
投稿数:10

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

ザッ!ザッ!
ゴゴゴ…!

ヘルメットに取り付けたライトが、岩肌と土を照らし出す。それ以外の場所は、跳ね返った光がうっすらと照らすのみ。
岩を削るツルハシの音、時には岩を砕く削岩機の音。
2人の男が、洞窟を掘っていた。
手を休めた1人が言った。
「そろそろ出てきそうなもんだが、本当にこっちで合ってるのか?」
「この絵図を解読した通りなら、もう少しで何かに当たるはずだ」
もう1人が取り出したタブレットも画面に、古い絵図の画像が映っている。
計算した数値や、書かれた内容の解読文があちこち書き込まれている。
「ここがこの洞窟の入り口、俺らはこう来たから、今はこの辺りだ」
「そっか。あれだけ掘れば、今頃この辺りだな」
画像上を指でなぞって説明されて、もう1人も納得した顔になった。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す