PiPi's World 投稿小説

メイドさんに不可能はない
官能リレー小説 - その他

総合順位:511位
その他:50位
得票数:139
発起人:匿名さん
投稿日:2019-06-20
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2019-10-05
投稿数:54

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

何を目的に生きているかさえわからなかった。

その日が来るまでは。


母はある日を境に家に帰ってこなくなった。
もともと派手で遊び好きな母は普段からロクに家事もせず昼はパチスロ、夜は歓楽街へ遊び歩き、僕の知らない間に家を出入りしていた。そのうち男ができたのか帰ってこない日が多くなりついに全く帰らなくなった。

父は仕事に全力を尽くし過ぎた。
残業と休日出勤の連続、母同様いつ家に帰っているのかわからない状態が続いた。たまに姿を見せて、心配してるんだから、と声をかけても返事はそっけなかった。そんな日が続いて、ついに父は………これ以上言うのは止そう。


いつからか、僕は孤独になった。
家族はいない。学校でも日陰者。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す