PiPi's World 投稿小説

とある女の非日常
官能リレー小説 - その他

総合順位:1836位
その他:169位
得票数:24
発起人:匿名ちゃん
投稿日:2015-02-06
最終投稿者:匿名不能
最終更新日:2015-09-08
投稿数:16

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「はぁ・・・・・・はぁ・・・・・・んっ・・・・・。」

 私の名前は如月深雪。普通に結婚して既に40歳を迎え子供も息子が二人いる。
 そんな私は今電車の中で痴漢にあっていた。しかし相手はただの痴漢ではない。なぜなら先程から私の体を触っているのは小学校低学年くらいの男の子だった。

 グチュグチュグチュ・・・・・。

 足首まであるスカートの中にはふたりの男の子が潜り込んでおりさきほどから執拗に割れ目とお尻の穴を舐めていた。

「そ、そんなにクリトリスを舐められたら・・・お尻の穴もほじらないで・・・・。」

 ここ数年前から私の周りではこのよううなことばかり起きていた。
 場所時間問わずなぜか男が私を襲って来る。相手は年齢も容姿も関係ない・・・誰が襲って来るかもわからないのだ。そして奇妙なことに誰もそれを咎めようともせず、それどころかほかの人間は襲ったりしてこなかった。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す