PiPi's World 投稿小説

原始人
官能リレー小説 - その他

総合順位:385位
その他:33位
得票数:208
発起人:匿名さん
投稿日:2012-02-08
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2020-07-03
投稿数:145

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「父ちゃん、今日はいい肉獲って来てね!」
「お…おう、まかせとけ!」
毛皮を腰に巻き、石槍を肩に担いだ青年アルは幼い娘の頭を撫でながら言った。
彼は現代で言えば高校生ぐらいの年齢だが、この原始時代においては立派な成人である。
「あなた、今日こそはウサギ一匹でも良いから捕まえて来てね?じゃないと私達一家四人飢え死によ…」
赤ん坊を抱いた妻のラナが心配そうな表情で言う。
「分かってるさ…じゃあ、行って来る」
アルは洞窟を出て行った。

「はぁ…とは言ったものの、最近は獣の姿を全くと言って良いほど見かけないんだよなぁ…。おまけに何だか肌寒い日が増えて来たような気がする…。俺が小さい頃はもっと暖かくて、獣もいっぱいいたし、木の実だって山ほど取れたはずなのになぁ…」

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す