PiPi's World 投稿小説

神待ちの人がやってきた
官能リレー小説 - その他

総合順位:1827位
その他:164位
得票数:21
発起人:匿名さん
投稿日:2013-07-15
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2013-07-24 完結作品
投稿数:41

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

見知らぬ人からのメール。
最近はスマホでlineを使っていて、普通のメールなんてひさしぶりに来た気がする。
「今夜だけ泊めて下さい」
返信してみた。
「今、どこにいるの?」
添付されていた画像がやたら好みのタイプだった。
今どきのキャバ嬢よりおとなしい感じ。
地味なわりに美人だけど、かわいく見える。
「池袋です」
「40分ぐらい電車でかかるよ」
「うん、だいじょうぶ」
アパートから近い駅を教えた。
着いたらまたメールして、と送信。
この時まだ本当に来るとは思ってない。
(最近の業者のサクラすごいな)
と思っていたから、部屋でごろごろしていた。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す