PiPi's World 投稿小説

戦場デ少女ハ躰ヲ開ク
官能リレー小説 - 戦争

総合順位:2136位
戦争:18位
得票数:23
発起人:匿名さん
投稿日:2011-10-13
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2024-06-15
投稿数:22

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

アルファスティア王国は小さいが自然に恵まれた平和な国だった。しかし、豊かな鉱産資源を産出する国境付近の土地を巡って、北の大国シルヴァール帝国と軍事的対立を深めていた。
聖歴1915年、それはたった一発の銃声から始まった。国境警備隊同士の小競り合いが、次第に本格的な戦闘へと発展し、ついに両国は宣戦布告、開戦したのである。
だが、結果は明白だった。開戦から約ひと月足らずでアルファスティア王国の王都アルファスパレスが陥落。国王一族と政府閣僚は南の都市ハイシーに逃れ、臨時政府を打ち立てた。
そもそもアルファスティア王国とシルヴァール帝国の総国力差は裕に10倍以上、結果は最初から判っていた事だった。だが、頭でっかちの高級官僚や勢いだけの軍幹部は「むしろその国力差を努力と精神力で乗り越えてやろうではないか!!」と現実を無視したアクロバティックな理想主義を振りかざし、無知な国民達もあっさりとこれに煽られ、国家一丸となってかくも無謀な戦争へと突入したのであった。

SNSでこの小説を紹介

戦争の他のリレー小説

こちらから小説を探す