投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

調教 官能小説1

小説一覧

おじさんはご主人さま

作家:TUFF(影武者)

女性からの依頼で作り上げた短編小説 第6弾 友理奈はママの秘密の写真を見つけた。

母親の本性

作家:TUFF(影武者)

女性からの依頼で作り上げた短編小説 第4弾 母親も女と言う事か、暴かれる本性

多目的トイレのひととき

作家:杏華

淫蜜の媚薬

作家:雨水蛙

見知らぬ男にさらわれた美人女子大生の千歳美桜。暗い部屋に監禁され、調教と凌辱の果てに自分を見失っていく。そして……

結婚相談所

作家:くりこ

友達がどんどん結婚していく中、彼氏もいない『はるか』 自分よりも可愛くなくて冴えない友達が幸せオーラ全開で惚気けてくるのが、羨ましくもあり悔しくもあり、思い切って近所の結婚相談所へ。 理想の相手を見つけるはずが、おかしな健康診断。また、結婚相談所から進められた人と無理矢理、恋人期間1日体験など。退会したくても退会料に30万支払う契約で、心も体も男性から好かれる女性になりましょうと必ず受けな…

私立淫乱学園

作家:TUFF(影武者)

資産家の変態理事長が莫大な資金をつぎ込んで、 趣味と実益を兼ねて作った理想の学園 それが、〜私立 淫乱学園〜

友理奈の3日研修

作家:男女腰体造

OLの友理奈は事務の仕事をしている ある日、課長から三日間の研修を 命じられ、課長と会社の研修センターに 行くことになった。 しかし、研修ではなく友理奈を 調教する課長の罠であった

調教ホームステイ

作家:男女腰体造

村瀬小百合は、都内の女子大に通っている 夏休みを利用して北海道の牧場にホームステイをする事になったのだが そこは小百合が考えてた理想の楽園ではなく 処女の小百合にとって、悪夢の夏休みの 幕開けであった

強制交際...付き合わされた彼氏はキモデブ男なのでした

作家:くりまる

中学で友達が出来ず、高校から心機一転キラキラした女子高生生活を夢見てどうしても一人暮らしをしたかった『さやか』 地元から離れた新しい土地で新しい友達を作って、彼氏なんか出来たりして!とウキウキしながら新生活を始めたが... 友達になりたいとは到底思えないブスデブ女『ゆき』に「さやかにぴったりな良い人紹介してあげる!」とテンション高めに紹介された相手は、さやかのタイプとはど反対のキモデブ…

任侠と女たち

作家:官能小説家

裏の社会に生きる男と女の生き様をリアルに描きます。 そこには憎しみと愛、破廉恥な行為、そして壮絶な闘争が繰り広げられます。

淫乱乳首ペット飼育

作家:ディアナ

おっぱい、乳首が敏感なOLが乳首フェチの同僚に乳首ペットとして調教、飼育されるお話。

美少女奴隷調教

作家:男女腰体造

白百合学園高校に特待生として 編入してきた白河真紀 そこは理事長の娘・花京院麗香を 中心に各運動部主将で構成された 白百合会がまとめていた

女子大生脅迫

作家:kusinada

上司に犯される

作家:影山 有佐義(うさぎ)

短編です。 会社の上司に弱みをにぎられた人妻 紗代。 強いられる調教に身体ばかりか心まで冒されていく。

背徳のTバック倶楽部

作家:高宮 稔

美しき女の倒錯した性癖の宴へようこそ。粘液系屈指の一品、子供は読んじゃ駄目ヨ

リンの未来

作家:川流河童

 とある発展途上国の貧困層に生まれたリン・11歳。  一家の大黒柱である父を失った家族は困窮し、リンは娼館に売られることになる。  女衒に連れられて行った娼館の主の屋敷、リンはそこで……

被虐の劇場〜お嬢様アイドル調教記〜

作家:圓一

「アイドルの性欲処理します。Mっ気のある方はどうぞ。調教して素敵な奴隷にしてあげます。」 そんな商売を僕は始めた。 そして、初客で訪れてくれたのは、意外な人物だった…。 僕の調教によって、お嬢様アイドルはその清楚な仮面を外し、 いまだかつて経験したことのなかった、秘孔での悦びに目覚めていく。

養母の養子奴隷

作家:如月 紫乃

養子縁組した養母とその娘による調教

少女の覚醒

作家:テツ

ある日、女子高生の優里は通学中にさらわれてしまう。 目が覚めると優里はマンションの一室に入れられており そこでAという男達と出会うことになる。 Aの冷酷な行為に、恐怖と絶望、そして怒りを感じる 優里ではあるが、次第にその感情に変化が訪れる。 少女の心の葛藤が向かう先は・・・

未知華14歳、おもらしが見つかって…

作家:イズミアキカズ

大学の夏休みを利用して帰省している僕に、駄菓子屋を営むばあちゃんが言った。 「友達の孫の勉強を見てもらいたいのよ」 お世話になったばあちゃんの頼みとあらばと、僕は二つ返事引き受けた。 果たしてやってきたのは、おっとり少女だった…! 僕の中で、ちょっとしたイタズラ心が、ムクムクと立ち上ってくるのだった。