PiPi's World 投稿小説

日常から非日常へ
官能リレー小説 - 戦争

総合順位:986位
戦争:5位
得票数:78
発起人:匿名さん
投稿日:2006-09-26
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2012-01-03
投稿数:82

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

俺達の世代は戦争を知らない、だから戦争を軽蔑視している。
俺、神崎 省吾もその一人だった。俺はゲーム好きでテストは赤点スレスレで野球部入ってて、それが俺の日常だった。
戦争を知らない事が『日常』で戦争が『非日常』それが普通だとおもっていた。あの日までは…
七月某日、夏休みまであと少しとゆう日、俺の『日常』は一瞬にして『非日常』になった。
「ヤベェ、ヤベェぞ」
俺は寝坊して遅刻寸前だった。そして階段を降りていたその時、俺は階段を踏み外し転落してしまいそのまま気を失ってしまった。

SNSでこの小説を紹介

戦争の他のリレー小説

こちらから小説を探す