PiPi's World 投稿小説

歴史物 官能小説

官能 小説一覧 [歴史物]

男装股旅凌辱伝  女渡世人の半次郎

女渡世人の半次郎が人情と慈愛によって博打に引き込まれてしまい、 自分の艶かしい肉体を掛けてしまう勝負の物語。

著: 岡源 評価: 票数:6投稿日:2017-08-18 13:02:34完結

真田拾誘翅(さなだじゅうゆうし)

真田十勇士の陰に更なる十の存在があった。それは女人で、色香をもって敵を誘い、惑乱させるゆえ、人は彼女らを「真田の拾誘翅」と呼んだ。

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:12投稿日:2015-07-21 10:25:27完結

珍客商売〜堕ちた女武芸者〜

リレー小説『暴れん棒将軍』から派生した番外編。当初リレー小説としてスタートしましたが、個人名義で再発表しました。再編集して書き下ろし部分を加えています。

著: 荷苦労(にっくろう) 評価: 票数:18投稿日:2015-09-10 10:37:24完結

おふたかた

著: 猫山(ニャゴやま)猫介 評価: 票数:1投稿日:2015-08-24 12:24:39完結

おあつかい

著: 猫山(ニャゴやま)猫介 評価: 票数:2投稿日:2015-08-11 16:24:18完結

戦国

著: 富男 評価: 票数:12投稿日:2015-06-26 11:50:32完結

最中の月はいつ出やる

和菓子「最中」の発祥は吉原遊郭にある菓子舗であった。最中の元となる菓子誕生の物語。(淫靡度は希薄です。それでもよろしい方は、この話をつまんでみてください)

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:12投稿日:2014-09-18 17:14:49完結

筆さばき、色のとりどり

京友禅の色挿しの職人を目指すお絹。昼は絵筆を握り、生地に色を挿す。夜は男の股間の肉筆を握り、それを女陰に挿しこむ……。

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:18投稿日:2014-08-29 10:49:27完結

ちちろむし、恋の道行

出家の身でありながら女遊びを繰り返し還俗させられた坊主、瑚琳坊。そんな彼が不思議な女性と出会 い、情を通じ、恋に落ち、そして……。

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:19投稿日:2014-06-25 16:37:32完結

寝取りの騒ぎ、宵の両国

江戸の町に出没してあちこちの女を犯し、魅了してしまう「ふぐり(陰嚢)の化け物」。そいつを捕まえようと奮 闘する岡っ引き。苦心惨憺の末ようやく正体を暴いたが……。

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:15投稿日:2014-06-20 17:01:00完結

吉原昼景色

「幇間(たいこもち)の目を通して描かれる遊郭「吉原」の昼の姿。お天道様が照っているのに、廓の内ではみだらな行為が熱く熱 く……」

著: 宝殿嬌衛門 評価: 票数:22投稿日:2014-06-03 16:24:07完結

少女剣客琴音

筑島藩城下の小さな実松道場で師範代をしていたという多田琴音は17才の美貌の少女。 さて多田家の1人娘なので、自分より強い婿が必要だが。

著: 影武者 評価: 票数:20投稿日:2014-04-21 10:22:41完結

蜘蛛娘 流転

人に非らざる蜘蛛娘 蜘蛛娘の最期です

著: あおぬこ 評価: 票数:6投稿日:2014-03-09 16:36:43完結

蜘蛛娘 金銭鏢の娘

人と獣の狭間の蜘蛛娘

著: あおぬこ 評価: 票数:8投稿日:2014-03-01 10:19:53完結

美白仙とヤン・ユウホワン

8世紀、蜀の国に奇怪な赤子が生まれた。

著: 影武者 評価: 票数:23投稿日:2013-09-20 15:58:09完結

追憶の欠片

大切な人達を奪われ絶望した青年は、ある日亡き恋人に瓜二つの青年と出会う。敵として出会ったはずの存在が、彼を大きく変えていく―(同性愛含)

著: 雫月 評価: 票数:11投稿日:2012-11-23 17:02:46連載中

夜半の月

平安時代中期の一条院内裏。 そこで勤めるある女流作家と貴族の、微妙な関係のお話。 ※この話はフィクションです

著: BABARA 評価: 票数:40投稿日:2012-11-23 10:28:16完結

くのいち無惨

佐土藩主、忌野某に捕らえられたくのいちが凌辱と拷問に散りゆく話

著: 縄出縛 評価: 票数:90投稿日:2012-07-30 17:44:50連載中

富子幻舞

富子淫情の続編。それは女として開花した“初恋の記憶”---

著: 笑い男 評価: 票数:4投稿日:2012-07-27 17:32:37連載中

富子艶聞

初の歴史小説。室町時代の“悪女”・日野富子。彼女に秘められた妖しき“謎”とは---

著: 笑い男 評価: 票数:52投稿日:2009-11-16 00:00:00連載中

歴史物 官能小説 レビュー

官能メニュー

こちらから小説を探す

SNSでこのページを紹介

> >