PiPi's World 投稿小説

大富豪の娘
官能リレー小説 - 年上

総合順位:706位
年上:14位
得票数:105
発起人:匿名さん
投稿日:2012-08-01
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2020-09-11
投稿数:20

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

僕は楠木 博巳(くすのき ひろみ)。○学5年生です。女の子みたいな名前ですがれっきとした男です。身体も小柄で顔も女の子みたいなので同級生からバカにされるのが悩みの種です。

ある日、お父さんとお母さんが僕に言いました。
「博巳、実はお前には許嫁(いいなずけ)がいるんだ」
「えぇ!?」
「相手はパパの親友の娘さんで今日むかえに来るそうよ」
「ちょっと待って!聞いてないよ!」
その時、上空からバババババ…というヘリコプターの爆音が轟き、なんと家の庭に着陸したのです。中から出て来たのはスーツ姿の若い女の人でした。髪を後ろでアップにしてまとめ、細長い銀色のメガネをかけたクールな印象の綺麗なお姉さんです。
「楠木 博巳様ですね?お迎えに参りました」
「あ…あなたが僕の許嫁ですか?」
「いいえ、私は南条グループの秘書を勤めさせていただいております、長谷川 香苗(はせがわ かなえ)と申します。以後お見知り置きを…」
そう言うと長谷川さんは丁寧に僕達に頭を下げました。お父さんとお母さんは言いました。
「どうか博巳をよろしくお願いします」
「不出来な息子ですが…」

SNSでこの小説を紹介

年上の他のリレー小説

こちらから小説を探す