PiPi's World 投稿小説

突然現れた親戚が変態だった件
官能リレー小説 - ショタ

総合順位:1953位
ショタ:46位
得票数:27
発起人:
投稿日:2016-04-22
最終投稿者:kyouske
最終更新日:2017-02-10
投稿数:24

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

佐藤 海人(さとう かいと)は小学5年生で天涯孤独になった。
母一人子一人で6畳一間のアパート暮らし。
友達の家みたいに自分の部屋などなくもちろん勉強机などなかった。

母の死因は急性心筋梗塞だった。俺が中学に上がることを考えて仕事を増やしていたらしい。
けど、そのせいで体壊して死んじゃうなんて、バカだろ…母さん。

アパートの大家さんが母さんのお葬式やらなんやら手続きの大部分を処理してくれて今はポツンと家で横になっていた。
家の中が広く感じる。
もちろん錯覚だとわかってる。まだ母さんの服が入ったタンスや母さんの布団、母さんの・・・。

「これから、どうなるんだろ。俺」
たよる親戚もいない。先の見えない恐怖に海人は襲われていた。

ぐぅ〜

だけど腹はどんな時でも減る。
「ごはん、つくらないと・・・」
仕事で夜まで母親が帰ってこなかったので海人は自分で料理ができるようになっていた。
ご飯は研いで炊飯器のスイッチを押せば炊けるし、大好きな唐揚げだって今では揚げずにフライパンでできる物が売られているのだ。便利な世の中である。

SNSでこの小説を紹介

ショタの他のリレー小説

こちらから小説を探す