投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

痴漢/痴女 官能小説

小説一覧

痴漢の巣窟書店 −特急列車添乗員―

作家:愉艶

書店の罠に嵌り淫乱化させられた果てに、「性奴隷」になる女がいる。自身が“狩る”側となり、男達の手先として女の凌辱に加担する。「性玩具」になる女もいる。生涯に渡り、毎日、朝から晩まで、全国数万人もの組織の男に肢体を献上し、犯され続ける。そんな、究極の痴漢、果て無き墜落が、またもや展開する。

痴漢特急

作家:毎日妄想

停車駅の少ないラッシュ時の特急は思わぬ美味しい思いができることがある!

痴漢撲滅キャンペーン

作家:雪ぼっこ

平凡な会社員である“俺”は通勤の途中、ある女子大生の集団に痴漢の嫌疑をかけられた。無実の罪を主張する“俺”を、女子大生達はテストするという。テストに合格すれば、痴漢ではないと認められて解放してくれるそうだが…… 長らく執筆から離れてしまっていました。リハビリ作になります。

露出女子高生 石原サクミ

作家:夢野由芽

皆さ〜ん。「露出ナイトのハプニング」でお世話になった石原サクミで〜す。 3密を避けつつできる露出は?と考えてのチャレンジが思わぬ展開に。 ついに憧れの朔太郎様と衝撃の再会。そしてなぜかしら1週間の共同生活の始まり。濃厚接触を避けつつ、朔太郎様と親密になりつつ、カメラマンとしての朔太郎様を鍛えようと、サクミ、露出、再開しま〜す。

ダメなのに・・・

作家:TUFF(影武者)

女性からの依頼で作り上げた短編小説 第5弾 嫌だと思っているのに・・・そんな気持ちを逆なでする手

狙われた女

作家:ちゃた

樹里は徹に狙われたがために徹の欲望のままに性奴隷とされてしまう。性奴隷と化した樹里を狙って男どもの欲望が満員電車に渦巻く。

捜査中に触られて〜電車編〜

作家:taka4321

満員電車で捜査中の女性捜査官が痴漢され、その後も痴漢男に翻弄されるお話です。ハッピーエンド!?(笑)

未亡人下宿

作家:橘 重蔵

まかない付きの未亡人下宿、学生から身寄りのない年寄りまで・・・ 時には下も貸します未亡人信代に群がる男達の物語。

ラッキースケベの自作

作家:円地N

20代前半の女性、ユイが、露出と気付かれない・見られるか見られないからわからないギリギリに挑戦します。

エスカレート

作家:TUFF(影武者)

負け犬女の見つけた楽しみとは・・・

輪姦・バンガローの夜

作家:下郡ばった

1983年。僕らは17歳だった。 その夏、無謀に立てたキャンプ計画から僕らはたまたまバンガローを格安で借りる事ができた。 その夜にひょっこり現れたひとりの女性の肉体を僕らは貪った。

露出ナイトのハプニング

作家:夢野由芽

わたくし、石原サクミ。 年はもうすぐ17歳。 外見は黒く肩まで伸びた髪と、目鼻立ちがはっきりとした、 自分で言うのもなんだけど、いわゆる美人顔。 女優の〇原サト〇に似ているって、よく言われます。 「わたしの秘密」 ズバリ言っちゃいます。 わたくしの「秘密」は「露出」です。 わたくし、露出には2種類あると思っておりまして。 それは何かという…

真夜中に呼び止める声

作家:雪ぼっこ

会社員の用蔵(ようぞう)は、その日いつものように遅く退社し、深夜の道を歩いて自宅へ向かっていた。不意に彼は、見知らぬ女性に呼び止められる。 思わず足を止めた用蔵は、信じ難い光景を目にした。 (6月19日、改題・修正しました)

20歳。生まれてはじめてのクンニ体験

作家:舐め太郎

私が生まれて初めてクンニした時の、嘘のような本当の話 私は【舐め太郎】というものです。その私の過去の体験の1つをここで紹介します。 貴女に質問です。人生初体験のクンニは誰にしてもらいましたか? 私の人生初体験のクンニは、【電車で出会った、普通の女の子】と、【初めて会話】した日に起こった。 その日のことについて書いています。

痴漢専用車両へようこそ

作家:七色スバル

痴漢専用車両へようこそ。 今日もこの車両には男女の営みが繰り広げられます。 喜ぶ者、苦痛を感じる者、それは男女を問いません。

知女子〇生

作家:おまわりさん、あたくしです

こういう女子でありたかった。

痴漢の巣窟書店 −女教師とその生徒―

作家:愉艶

壮絶なまでの墜落、驚異的なほどの淫乱化。ふと訪れた書店で、張り巡らされた罠に嵌り、痴漢の餌食となった末に、女達が至る究極的な官能と悦楽の世界。

痴漢虜遊戯

作家:雅弌

その痴漢は事故からはじまった。 その気はなかった痴漢。 しかし一度行ってしまったそれは癖になっていき…。

妻容子風俗嬢真紀の愉楽

作家:阿瑠璃

怖いのは通学電車じゃない

作家:橘花

電車内で無骨な指に犯されるを美和救ってくれたのは・・・細い指。のはずだった・・・