PiPi's World 投稿小説

私の愛する妻
官能リレー小説 - 若奥さん

総合順位:1684位
若奥さん:65位
得票数:31
発起人:あき
投稿日:2011-10-09
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2016-10-30
投稿数:5

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

私の妻は、28歳だがかなり魅力的な女だと思う。
何よりそのルックスと、Fカップのバストを誇るプロポーション。
これはそんな美しい私の妻の話だ。

ある休日、自宅の居間で私と妻がくつろいでいるときにドアチャイムが鳴った。
どうやらガスか何かの計器点検らしい。
若くてがっしりした肉体の男が作業服を着て立っていた。

「一応、どちらか作業に立ち合っていただけますか」
私は、妻に対する男の視線が欲情の色を帯びているのに気づいた。妻の胸や腰回りをじろじろ見ているのだ。
妻も何やらその気を感じ取っているらしい。

「お前、行ってやれよ」
私はなぜか妻にそう言っていた。

計器の作業をしているだろう時間…私はなにか気がかりな物を感じて裏口からこっそり抜け出ると、計器のある裏手に向かった。

SNSでこの小説を紹介

若奥さんの他のリレー小説

こちらから小説を探す