PiPi's World 投稿小説

勇者の子孫
官能リレー小説 - 同性愛♂

総合順位:1262位
同性愛♂:32位
得票数:45
発起人:匿名さん
投稿日:2019-04-12
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2019-11-27
投稿数:58

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

王宮の広間に勇者の子孫が集められていた。金髪の逞しい国王が彼等に呼び掛ける。
「そなたらが勇者の子孫か!?」
「「「はっ、国王陛下!!!」」」
集められた勇者の子孫達は自称も含めて百人近くいた。
何せ三百年も経っているので無理も無い。
それでも今日ここに集まったのは子供や老人を除いた戦える者だけである。
王は言った。
「では行くが良いお前達!この中で見事魔王を倒した者には領地を与えて貴族にしてやる!お前達、励めよ!」
「「「おぉぉーーーーっ!!!!」」」
勇者の子孫といっても誰もが良い暮らしをしている訳じゃない。落ちぶれた者も少なくない。
立身出世のチャンスに皆のモチベーションは一気に上がった。

SNSでこの小説を紹介

同性愛♂の他のリレー小説

こちらから小説を探す