PiPi's World 投稿小説

息子と私。
官能リレー小説 - 若奥さん

総合順位:732位
若奥さん:27位
得票数:101
発起人:匿名(仮)
投稿日:2005-01-21
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2015-05-20
投稿数:49

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「ママ〜、お腹空いちゃった」

私、美奈子の息子、卓哉はまだ小学3年生。くりくりとした大きな瞳に、笑顔が可愛らしい私の自慢の息子。
夫が他界してから、私の唯一の支えとなっている

「お腹が空いたの?何が食べたい?」
「…うんとね…」

卓哉は頬を赤らめながら私の膝のうえに座り、私の豊満な胸へと顔を埋めた

「ママのおっぱいがいい…」

私は未だに母乳が出る。
そんな私の母乳を卓哉はいつも飲みたがるのだ

SNSでこの小説を紹介

若奥さんの他のリレー小説

こちらから小説を探す