PiPi's World 投稿小説

機動装甲警察 ガイアスワット
官能リレー小説 - SF

総合順位:1054位
SF:48位
得票数:53
発起人:kyouske
投稿日:2018-03-15
最終投稿者:kyouske
最終更新日:2018-09-28
投稿数:76

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

紹介文

所謂メタルヒーロー系です、ガイアスワットでの巨大ロボ戦は無いですが過去の話では出てくる可能性もあるので。

エロのカテゴリーは殆どと思ってください。

人物紹介

・狩谷 京五郎 35歳


ガイアスワット設立メンバーの一人で初代隊長、今現在は局長を務めるが時折現場に出る事もある。思慮深くも行動力溢れる部下泣かせな男、警視庁捜査課に属していたが捜査中にアビリアンにより遺伝子操作を受けて肉体機能強化と老化遅延になる。家庭持ちであり、妻とは職場結婚をしている。



・十津川 政史 29歳


ガイアスワット設立メンバーの一人で二代目隊長を務める、五年前に当時の配属先でアビリアンの侵略に遭遇しサイボーク化され洗脳前に救助された。サイボーク化により人間離れした怪力と運動性を手に入れたが衣類を破損する事もある。警察機構では一般職であったが一気に特進しておりやや戸惑っている。性格は冷静沈着だが皮肉屋でもある。

投稿ルール

書き出し

序章 地球を救う組織を継ぐ者達


20XX年、“次元広域犯罪組織アビリアン”の侵略を受けた地球は一週間で数カ国がアビリアンの支配下に置かれるも、同じくして次元管理機構の要請により“ネィスアース”から派遣された“次元戦隊 アースフォース”の活躍よりアビリアンは滅んだ。しかし一年に及ぶ戦いは人類が経験した事ない深い爪痕を残す事になる……支配下に置かれていた数カ国では極端に繁殖行為可能な人間が減り、地形も変化していた。日本の隣国にある極東亜細亜半島(通種:極亜半島)にある国家は酷く、砂漠化に南北に新たな活火山が出来た事は極亜民族の存亡を左右する事になる。
日本国もアビリアンの侵略を受けるも複数の地方都市が大規模な被害を被っただけで済んだのはアースフォースの受け入れをスムーズに出来たからだ。“機甲警察 ガイアスワット”が設立されたのはアビリアンが作り出した“怪人”を速やかに排除する為である。

SNSでこの小説を紹介

SFの他のリレー小説

こちらから小説を探す