PiPi's World 投稿小説

No. 1キャバ嬢秘密の宴会
官能リレー小説 - 職業

総合順位:1720位
職業:28位
得票数:20
発起人:匿名さん
投稿日:2017-08-19
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2018-05-04
投稿数:33

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「今日は付き合ってくれてありがとね。美緒ちゃん。」
「いえ。あたしこそ、たくさんご馳走になっちゃってありがとうございました。」
「とんでもない。またいつでもご馳走してあげるよ。今日はここでいいの?」
「はい。今日は本当にありがとうございました。またお店の方にも顔出してください。」そう言うと私は車から降りた。
「また来週行くよ。用事済んだらLINEして。じゃあ。」
「…はぁ。」私はため息をつくと、足早に目的地に向かった。
私はとあるキャバクラで働く25歳。元々誰とでも親しげに話せる性格からお客さんには気に入られ、今や店のNo. 1である。
先ほどの男性はとある会社の社長であり、店にもよく顔を出してくれる為、今日は営業の一環として高級料理をご馳走してもらった。

SNSでこの小説を紹介

職業の他のリレー小説

こちらから小説を探す