PiPi's World 投稿小説

人面犬
官能リレー小説 - 異種姦/獣姦

総合順位:2430位
異種姦/獣姦:21位
得票数:8
発起人:変態紳士
投稿日:2021-01-23
最終投稿者:変態紳士
最終更新日:2021-01-30
投稿数:9

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「よしよ〜し!いい子ね〜♪」

 私の名前は白石唯。年齢は39歳とあと少しで40歳になる。夫と子供もいるが平日の昼間のため今は仕事と学校に行っているので家にいるのは私一人だけだ。そんな私は家のリビングで愛犬のゴンタとムンタの2匹の犬と戯れていた。2匹とも大きさは小型犬くらいでですこし太った感じのブルドックのような犬を私は数年前から飼っていた。
ゴンタとムンタは今も私の顔を長くざらついた舌で舐めてくる。それは本来なら何でもない光景だが唯一おかしなところは2匹の犬の顔が気持ちの悪い中年のような顔をしていることだった。

SNSでこの小説を紹介

異種姦/獣姦の他のリレー小説

こちらから小説を探す