PiPi's World 投稿小説

ある女子水泳部の物語
官能リレー小説 - 学園物

総合順位:1214位
学園物:96位
得票数:52
発起人:匿名さん
投稿日:2020-10-02
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2020-12-12
投稿数:61

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

「今日から夏合宿、だけど、そんなに肩肘張らず、新しいシーズンの目標を作って、自分のペースでやっていきましょう」

県立碧浜高校女子水泳部。
夏の大会が終わり3年生部員が引退し、新たな体制でスタートする時期に行われる夏合宿。
1年生と2年生合わせて15人ほどの部員と顧問の若い女性教師がやってきたのは綺麗な海と砂浜が近くにあるスイミングスクール併設の合宿所。

「ここが使えるのはみんなの先輩のおかげでもあるの」
「ふふ、そんな大げさなこと言わなくていいのよ、桃花」

水泳部顧問の橋本桃花が紹介するのは碧浜高OGでスイミングスクールの校長でもある藤村綾。
綾は水泳選手として輝かしい成績を上げ高校の歴史に名を残す偉大な存在である。
しかし綾はそんな素振りを微塵も見せない、気のいいお姉さんである。

SNSでこの小説を紹介

学園物の他のリレー小説

こちらから小説を探す