PiPi's World 投稿小説

無人島のビッチ達
官能リレー小説 - ハーレム

総合順位:623位
ハーレム:59位
得票数:119
発起人:匿名さん
投稿日:2020-12-07
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2021-01-28
投稿数:52

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

紹介文

無人島に漂着した少年と六人のビッチがエロいことをしながらサバイバルします

人物紹介

黒崎 恭也(くろさき きょうや)
17歳 165cm

種無しだが絶倫の主人公。サバイバル知識が豊富

白石 要(しらいし かなめ)
17歳 164cm Fカップ 黒髪ロング

お嬢様系ビッチ

片桐 美咲(かたぎり みさ)
17歳 168cm Gカップ 金髪ツインテール

ギャル系ビッチ

鴨川 香(かもがわ かおり)
26歳 175cm Iカップ 赤茶色のセミウェーブ

御姉様系ビッチ

姉 萩原 伊織(はぎわら いおり)
妹 萩原 詩織(はぎわら しおり)
16歳 158cm Eカップ 茶髪 姉・右側をサイドテール 妹・左側をサイドテール

アイドル系ビッチ

相川 桃(あいかわ もも)
16歳 143cm Hカップ 桃色ショートヘア

ロリ系ビッチ

投稿ルール

書き出し

青い海と空、白い砂浜と雲、ヤシの木の緑。そして暗い洞窟の中で俺、黒崎 恭也(17)は…………

パン!パン!パン!パン!パン!パン!パン!パン!パン!

「あっ!あん!いい!そこぉ!!もっと……深く突いてぇ!!あぁん!!」

一糸纏わぬ姿でセックスしていた。四つん這いになった女の尻を掴んで、腰を振り俺のぺニスをマンコに突き入れていた。肉と肉がぶつかり合う音が空洞に響き渡っている。
しかも女は一人じゃない。俺の周りに後五人の女達がいまかいまかと順番をまっていたのだ。

SNSでこの小説を紹介

ハーレムの他のリレー小説

こちらから小説を探す