PiPi's World 投稿小説

調教女学園
官能リレー小説 - 同性愛♀

総合順位:2444位
同性愛♀:18位
得票数:6
発起人:ななみん
投稿日:2020-06-28
最終投稿者:ななみん
最終更新日:2020-07-04
投稿数:5

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

紹介文

名門女子校・マルグレーテ女学院高等部のバスケットボール部には、半ば伝統となっている慣習があった。

それは、外部から特待生として推薦で入学したレギュラー選手は、内部生のうち特に補欠や選手にすらなれない先輩部員や同級生をレズ奴隷として扱うことが出来る……と。

そんな伝統のなか、後輩の瀬那に調教される麻衣子のお話です。

人物紹介

椙村瀬那(すぎむらせな)マルグレーテ女学院高等部一年生のバスケットボール部員。
アメリカの黒人を父に持つハーフで、部内でもトップクラスの俊足を活かしたドリブルとスリーポイントシュートが得意。文武両道で努力を人一倍惜しまない真面目さと、読みの良さが特徴的。ドジだが可愛らしい麻衣子に片思いしていた。
身長188cm B:110cm(Mカップ)/W:63cm/H:93cm

真木麻衣子(まきまいこ)マルグレーテ女学院高等部二年生のバスケットボール部員。
当たりが弱く、読みが甘くドジなところもあり、後輩たちからも苛められがちだが、優しくしてくれた瀬那に片思いしていた。
身長160cm B:88cm(Fカップ)/W:56cm/H:88cm

投稿ルール

麻衣子はもともと瀬那のことが好きで、瀬那もまた麻衣子のことが好きだった、両片思いが主従関係になっていく感じです。

書き出し

セレブの令嬢たちが集いし静かな学園の一角にある、部室棟の一番東側の部屋にて、大柄で逞しい筋肉を持ちながらも女らしい膨らみに富む肉体の少女と、小柄な少女が相対していた。

「麻衣子センパイ、あたし…センパイのこと可愛くて大好きなんです!だから……」
「……!瀬那さん……!それはつまり……」
「察しが良いわね、麻衣子センパイ。いいえ、麻衣子……」
大柄な少女はここマルグレーテ女学院高等部の一年生でバスケットボール部のレギュラー選手である椙村瀬那で、小柄な少女は二年生の補欠にすらなれない部員の真木麻衣子だ。麻衣子は瀬那に呼び出され、レギュラー選手の身体を洗う役を仰せつかっていたが、今日は服を脱ぐなり瀬那が麻衣子にキスをして、半ばこの部の伝統となっている「補欠や選手にすらなれない先輩部員が、レギュラー選手の後輩のレズ奴隷になる」儀式を始めたのだ。

SNSでこの小説を紹介

同性愛♀の他のリレー小説

こちらから小説を探す