PiPi's World 投稿小説

怪異の話
官能リレー小説 - 時代物

総合順位:2773位
時代物:21位
得票数:5
発起人:匿名さん
投稿日:2022-07-30
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2022-11-15
投稿数:5

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

時はサムライの時代

血で血を洗う時代、誰もが上にのしあがろうという野望を胸に秘め戦っていた

道端では昼間にもかかわらず、サムライ同士の斬り合いが行われていた。
さらに、野武士による強姦などは日常茶飯事であった。
「きゃーやめて」
「おら!もっと叫べ!誰も助けにはこないぜ!」
若い娘の上に野武士が馬乗りになり、自分の太い棒を娘のマ〇コに突き刺している。
「いや〜やめて〜」
「うるせえ!大人しくしろ!」
そう言って、野武士は腰を振り始めた。
パンパンパンと肉同士がぶつかり合う音が響く
「あっ…あん…」
娘は急に抵抗を止め、甘い声を出した。
「なんだ?気持ちよくなってきたのか?」
野武士はニヤリとした表情を浮かべながら、腰を振る速度を上げた。
それが淫らな罠だとも知らずに…。
数分後、ついにその時が訪れた。
「ぐっもう我慢できねえ、中に出すぞ」
野武士は最後の力を振り絞り腰の動きを加速させた。
ドクンドクンドクンッ
膣内に濃縮され黄ばんだ白濁液が大量に発射された。
その瞬間、妖術が解けた。娘の姿は消えた。

SNSでこの小説を紹介

時代物の他のリレー小説

こちらから小説を探す