投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

恵鐘館ものがたり
【幼馴染 官能小説】

恵鐘館ものがたりの最初へ 恵鐘館ものがたり 2 恵鐘館ものがたり 4 恵鐘館ものがたりの最後へ

美空と武-1

 ふう、今日も疲れたぁ
 仕事帰りのOL、が夜道を歩いている。身の丈は165センチほど、太っているというには細いが、程よくふっくらした身体をしている。
 彼女、長谷堂美空は、自身が住むアパートの近所の公園を歩いていた。
 ここを通ると職場との近道になるので、よく通るのだ。
 
 あら?またいるのね。
 ふと、一人の人物が洒落た石造りのベンチに腰かけているのを見つけた。
 少年と言っていい年齢の男の子だ。まだ高校生ではないだろう。
 週に2,3回、ここで見かけるし、何をしているわけでも無くベンチに腰かけて俯いているか、何を見るでもなくただ座っているのだ。
 何か悩み事でもあるのかと思い、気になるが彼女も朝早いので、この日はそのまま帰宅した。
 
 鐘楼のような小さな塔を中央に置いた、珍しいデザインのアパート、恵鍾館。
 ここの201号室が、彼女の部屋だ。
 古いデザインだからこその、どこか柔らかく温かい内装を気に入って、彼女はここを借りた。
 シャワーを浴び、風呂にゆったりと漬かると、仕事上の面倒な事を思い出してもそれが湯に溶けて出ていくような心地。そして、さっきの少年を思い出した。

 美空はその後も、忙しい日々を過ごしていた。いつもの公園を通って通勤する事も多かったが、夏に近づくにつれて、あの少年が一人でいるのを見ることが多くなった。
 一人でいるにしては、スマホを見ているわけでも、何かスポーツの練習をしているわけでも無いのが、とても気になるようになっていた。


恵鐘館ものがたりの最初へ 恵鐘館ものがたり 2 恵鐘館ものがたり 4 恵鐘館ものがたりの最後へ

名前変換フォーム

変換前の名前変換後の名前