PiPi's World 投稿小説

次郎は戦場にいった その他小説-戦争

作:阿瑠璃

-1

 新しい視覚になれるには、少しだけ訓練が必要だった。
 カメラが後頭部の視覚野にデータを送ってくれるが、意識が集中しないと、うまく像が結ばない。あと、結局、左手は生えてこなかったから、義手を接合した。両足は、生えてはきいたが、うまく歩くには一年以上の訓練が必要らしい。

 それでも、僕は幸運さ。

 一人だ生きていて、まぁ、全身が破損していたけど、それでも国は僕を助けてくれた。

 僕を見捨てたら、世論は致命的な方向に進んだだろうからね。

 あー、こうした風に当たっていられるのは、とても幸せだ。

 君にはまだ、会えていないけれど、君は幸せだろうか?

 機械の目で世界をみる僕には、未来が見える気がする。

 東京の街中で、片手なし、片足なしの日本人が、敵に向かって笑いながら近づいてく。

 手には座布団を持ってる。
 中には粗末な即席爆弾。

 そして満面の笑みでぶつかって、そして、閃光になる。

 まぁ、それは未来ではないさ。

 ほら、僕に近づいて来る人がいる。

 そして光で視覚が焼き切れる。

 僕は、そして、やっと、死ぬのかな?

 それとも、戦争から帰還した英雄として、また、生き返るのだろうか?

次郎は戦場にいったの最初へ
次郎は戦場にいった 1
次郎は戦場にいった 3
次郎は戦場にいったの最後へ

SNSでこの作品を紹介

その他小説/戦争の作品

その他/戦争のリレー小説

> > >