投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

純文学 その他小説

小説一覧

昭和十二年 夏 同時代人たちに

作家:綾部克人

如雨露で世界は救えるか

作家:えびかん

夏の屋上、少女と少年、壊れたフェンス。

君に宛てて

作家:soudai

正しい在り方

作家:soudai

白い胡蝶

作家:soudai

無価値

作家:えびかん

一人の男の妄想話。

金魚すくい

作家:岩崎 鶫空

まぼろしの海

作家:岩崎 鶫空

金魚とアイスクリーム

作家:鈴置友也

僕が必ず忘れること

作家:あきのぶ

よく記憶喪失になる人のお話です。

ブックエンドと君の名前

作家:あきのぶ

『私は現場リポーターとして、24年間当局に従事してまいりました。24年――私の人生のちょうど半分です。長いか短いかっていったらそれはもう長いです。うん。あと一年経てば四分の一世紀ですからね。我ながら歴史的な感慨がありますよ』

バベルへの弔詞

作家:烏賊

 「運命」という言葉がある。これは人間が作り出した言葉だ。たいていの問題を「不可抗力だ」と定義する事でそれ以上の反論を制止する事が出来る非常に便利な言葉だ。

そいつ

作家:ヘルミーネ

「何だかブルースが聴きたいな」とそいつは言って、タバコを取り出して火をつけた。

蝶のゆめ

作家:ヘルミーネ

あるところに、蝶であることを忘れてしまった羽があった。

蒼い殺意

作家:adultman

高校在学中に書き上げた作品です。正直今は、理解できません。こんな考え方をしていたのかと、新鮮な驚きです。

男性には向かない職業

作家:萩鵜あき

深淵に咲く

作家:萩鵜あき

まだ真新しい紺のセーラー服に身を包み、肩まである髪の毛が、ため息をつく度に揺れる。

「ろうそく貰い」

作家:ミズシマ澄月

これは、私が幼かった頃に住んでいた坂のある街での話である。

にわか雨

作家:あきのぶ

ほのぼの系

論理ウルフ

作家:あきのぶ

8頭のオオカミが3つの獲物を分けるために会議を開きました。