投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

ロリ 官能小説 連載

小説一覧

ロリータの奴隷

作家:富男

(17歳少女の性奴隷にしてもらいました。50歳、何の取り柄もないサラリーマンにとってこんな嬉しく有難いことはありません。ロリータの気分次第で呼び出されて性奴としてお仕えできるのですから

翔太少年の知らない大人の世界

作家:すっとこどっこい

性に目覚めた翔太少年の見た、大人の世界は…

淫女児 麻理亜 〜幼くも妖艶な肉体に残ったスクール水着の痕〜

作家:女子徹底シバキ隊

12歳とは思えぬ豊満な肉体に、スクール水着がアンバランスな眩しさを放つ山本麻理亜。抑えきれなくなる本能のまま、周囲の男たちを虜にし、やがて自らの性癖にも気が付く。だが、SMチックな願望を満たすべく少女の浅知恵を働かすが、やがてそれが麻理亜を淫靡な生き地獄へと誘う結果に…。

豆男奇談

作家:斎藤ロベール

身長3センチほどの豆男になった親戚の大学生に寄生され、ありとあらゆる体の造りを知られてしまう小学生の女の子の話。

ひきこもりの僕

作家:斎藤ロベール

ひきこもりになった僕の元へ、ある日、見知らぬ美しい少女が現れた。

再往路

作家:猫山(ニャゴやま)猫介

平成3年(1991年)。そんな近過去(きんかこ)に時が戻ってしまった俺。俺の目の前に、またあの瞬間がやってきた……

幼なじみ 〜5年目のお医者さんごっこ〜

作家:遊愛理

【ご挨拶】 子どもが登場するエロ小説が大好きな遊愛理です。 ロリやショタものが好みのジャンルです。設定や展開を考えているだけでワクワクします。 未完の連載がありますが「投稿小説」での第六作目になります。 今回は一番好きな「ロリショタ」です。 【あらすじ】 小学5年の幼馴染み。互いに憎まれ口を叩き合うも異性の中では1番仲の良い二人。学校帰りに家に遊びに行くと幼稚園の頃の写真を…

冬の公園で

作家:猫山(ニャゴやま)猫介

お金に、心を囚われてしまったs学生の私……

美少女凌辱 〜愛海、小学6年生〜

作家:遊愛理

【ご挨拶】 子どもが登場するエロ小説が大好きな遊愛理です。 ロリやショタものが好みのジャンルです。設定や展開を考えているだけでワクワクします。 連載をはさんでるので、「投稿小説」での第五作目ってことでいいのかな。 もちろん、少女を襲うのは犯罪ですが、これは綿密に計画を練った完全犯罪の記録・・・です。 実行したらだめですよw。 【あらすじ】 少女たちが集まる人気スポットでG…

ムクチなオンナノ子

作家:猫山(ニャゴやま)猫介

ちっちゃなコは、クチをきいてくれないからと言って、嫌ってるワケでもないんです。

娘の友達は小悪魔

作家:遊愛理

【ご挨拶】 子どもが登場するエロ小説が大好きな遊愛理です。 ロリコンやショタコンものが好みのジャンルです。設定や展開を考えているだけでワクワクします。 これら小説は、えてして「ご都合主義」に傾きます。 でもそれはしかたないこと。現実問題として子どもがエッチの場面でオトナに対して積極的にふるまうなんて言うことはまずありません。もちろん、無知からくる大胆さや羞恥心の欠如はあるにせよ、あまり…

ちいさな訪問者

作家:ふろあがりげんき

 部屋に遊びに来た結菜ちゃん。ちょっと刺激的なアニメを一緒に見ているうちに彼女はだんだんヘンな感じになり、いろいろ教えてあげている私の方にも火がついて…。   レズなロリ。

車内学習 〜近所のユミカちゃん

作家:ふろあがりげんき

近所に住んでいるユミカちゃんは明るく元気な女の子。異性や自分の体への興味が芽生え始めた彼女はいろいろ質問をしてくるが、話しているうちに様子がおかしくなり…。二人はクルマの中に入った。

ジダイがそうさせた

作家:猫山(ニャゴやま)猫介

「昭和60年代」と「1980年代」とのつながりの中で……

107番が見た夢〜レナ〜

作家:川流河童

真琴の惰眠

作家:KMP

小学五年生の真琴の学校生活ととんでもない淫靡な日常生活の素描です。 学校から帰ると同時に始まる性交と淫らな性技は翌朝の登校直前まで続く、イケナイお薬で加速した鬼畜な凌辱と狂乱の夜。精力超絶倫な義父との性交は甘美な絶頂の連続。 「真琴の物語」第二章、オンライン。

真琴の遊戯

作家:KMP

かなり鬼畜なロリ作品です。JSマニアにお奨めです。町田ひらく先生を意識しています。 神楽咲小学校五年一組の今野真琴は大人しい外見とは裏腹に義理の父と淫交を繰り返している淫乱少女。 休日のシティホテルのひととき。 これは真琴の物語のイントロダクションになります。

青熟の車輪

作家:ふろあがりげんき

 「脱ぐのは自分で出来るよ。」  少女の中に眠る女と、僕の中で死んだ少年が出会った。  車椅子の少女と介護福祉に挫折した中年男。  大人への憧憬と少年時代への懐愁が交錯する時、二人は互いの瞳の奥に何を見、何を求め合うのか。

☆水色聖夜奇譚☆彡 めぐりあい

作家:KAN

「でもっ、どうして…… 」 無垢な瞳は薄いレンズ越しに、そう、問いかけてきた。

濡レ羽色ノオ下ゲ髪

作家:雨水蛙

中学校の教員をしている櫻井に呼び出された三年生の遥香。ただならぬ予感を抱きながらも、遥香は櫻井の元をおとずれるのだが……。