投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

芳恵叔母―オンナたちの家
【近親相姦 官能小説】

順位:4273位
作者:笛木陶薫
得票:5
評価:官能小説(0)
閲覧:7809
投稿:2020-12-08
更新:2020-12-08 完結作品
芳恵叔母が与えてくれたカラダで初めてオンナを知った僕。まだまだ芳恵の肉体に溺れたい僕と、セックスの悦びのために僕を手放さない芳恵。そんな芳恵の勧めで、僕はしばらく彼女の家に滞在することにした。
オンナだけの家。芳恵、芳恵の母、そして芳恵の娘の三人暮らしに飛び込んだ若いオトコの僕。家族が寝静まった後に、芳恵との情交を期待した僕は、早く深夜が訪れるよう期待する。
親切な芳恵の母、牧子の歓待を受け、芳恵の娘遥香ともたちまちにして仲良くなるのだが、僕は計らずも芳恵の母、牧子にある種オンナを感じてしまう。
一方、僕は彼女を独占したい欲望に取り憑かれてしまった。芳恵と数度、肉体関係を結んだだけなのに、彼女に対する独占欲が目覚めてしまったのだ。
激しい交合の後、僕は、うたた寝する芳恵のカラダに残された、彼女の隠された過去を見つけてしまった。
以降、芳恵の過去に対峙し、彼女の母親牧子との微妙な関係に発展する。
芳恵:家族の前では叔母とは呼ぶが、僕の母親の従妹。芳恵には、家族を捨てた父の存在と、長野の老舗旅館での短い結婚生活という過去があり、その鮮烈な体験が彼女の性生活を左右している。

牧子:芳恵の母親。彼女も芳恵と同じく暗い過去がある。夫、つまり芳恵の父が、家族を捨ててオンナの元に走ってしまった。優しく気品のある牧子だが、彼女の中にも彼女自身が永らく封印した女の性が時々垣間見える。懊悩するオンナである。

遥香:芳恵の娘。4歳の保育園児。人見知りしない質で、若いオトコの僕が珍しいのか。すぐに打ち解けた。
この作品には18歳未満禁止の内容が含まれています
18歳未満の方はご遠慮下さい。

全15ページclose
芳恵 牧子 遥香 の家 - 1
のぼせる僕 - 1
背中に残る頬の感触 - 1
牧子というオンナ - 1
秘かな歓び - 1
牧子の乳房 - 1
奇妙な離れ部屋 - 1
下着に包まれた肢体 - 1
すぼまりの誘い - 1
欲情の赴くままに - 1
芳恵は僕のもの - 1
トシヤとは誰? - 1
満たされない征服感 - 1
暗闇に浮かんだ目 - 1
母と娘の奇妙な関係 - 1

名前変換フォーム

変換前の名前変換後の名前