投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

真夏の悪夢
【レイプ 官能小説】

順位:3435位
作者:バロン椿
得票:8
評価:官能小説(3)
閲覧:13172
投稿:2019-07-02
更新:2019-07-02 完結作品
昭和40年(1965年)7月、恒例の奉納盆踊りの晩にその事件は起きてしまった。

**************************************

時代は平成から令和へと変わったが、その少し前の昭和の時代、日本は大きく変わりました。特に東京は田畑が消え、それらが住宅地へと変わっていきました。

このように、社会が変わっていく時、大変不幸な出来事も沢山発生しました。

特に、女性が乱暴される「強姦事件」などは、大っぴらに人々の口に語られることはあまりありませんが、子供だった私は、大人たちがこそこそ話していたことを聞いてしまい、大変ショックを受けたものです。

私は今でも、こんなことを書いてよかったのか迷っています。

それはとても悲しい出来事で、一人の女性の人生を狂わせてしまった出来事なのです。

(なお、本物語は全てフィクションで事実ではありません)
浅野(あさの)小枝子(さよこ)、事件の被害者

浅野(あさの)健太郎(けんたろう)、どんな時も命がけで守ってくれた小夜子の祖父
この作品には18歳未満禁止の内容が含まれています
18歳未満の方はご遠慮下さい。

全16ページclose
プロローグ - 1
第一章 慶び - 1 2
第二章 夢の膨らむ思春期、青春時代 - 1 2 3
第三章 強姦事件 - 1 2 3
第四章 警察 - 1 2 3
第五章 処刑 - 1 2 3
エピローグ - 1

名前変換フォーム

変換前の名前変換後の名前

真夏の悪夢 レビュー

評価
悲しいお話しですね。レイプじゃなくてもいいような・・・。
評価
祖父のおかげで立ち直れたと思うと良い話だ。