投稿小説が全て無料で読める書けるPiPi's World

置屋に生まれて
【熟女/人妻 官能小説】

順位:3635位
作者:バロン椿
得票:7
評価:官能小説(0)
閲覧:6710
投稿:2019-06-07
更新:2019-06-07 完結作品
花街の片隅にある置屋「峰岸」に、かつて籍を置いていた元芸妓の増子が癌で、もう長くないらしいとの知らせが届いた。

彼女は若旦那の明彦が高校生の時、筆おろしをしてくれた「恩人」だが、あることがあってから、疎遠になっていた。

女将である母親は「あんた、色々迷惑を掛けたんやから、一度、お見舞いに行かんとあかんよ」と言ったが、明彦はとうとう見舞いには行かなかった。

なぜなのか?少し時間を戻してみよう。
峰岸明彦、置屋「峰岸」の若旦那

増子、かつて置屋「峰岸」に籍をおいていた芸妓。明彦の筆おろし相手
この作品には18歳未満禁止の内容が含まれています
18歳未満の方はご遠慮下さい。

全17ページclose
置屋「峰岸」 - 1 2
童貞喪失 - 1 2 3 4 5 6 7 8
浮気 - 1 2 3 4 5
父母の叱責 - 1
エピローグ - 1

名前変換フォーム

変換前の名前変換後の名前