PiPi's World 投稿小説

それでも彼女を愛し続けること-投稿-

逆に心配させてしまった。
純潔を捧げ痛みに耐えてる佳奈美ちゃんに年上の俺が心配させてしまっていたのだ。

「いや・・・ありがとう、佳奈美ちゃん・・・」

そう言って佳奈美ちゃんの頭を撫でてやると安心したような顔になる。
俺とした事が情けない。
そう苦笑してしまいそうだった。

それより今は佳奈美ちゃんだ。
佳奈美ちゃんの膣内はひたすら締まり、俺のモノを食い千切りそうな勢いだ。
気持ち良いとか心地好いとか言う感覚は無いが、気を抜くと射精させられそうな締め付けではあった。
まだ、佳奈美ちゃんは快楽をそこまで感じられないと思うが、フィニッシュまで持っていかねば意味は無いだろう。
俺はゆっくり腰を動かしていく。

「んっ、あっ、お兄さんのが・・・お兄さんのが・・・」

顔をしかめて耐えながらも、佳奈美ちゃんは積極的に受け入れようとしていた。
快楽なんて感じてない。
だけど、その顔は苦悶に歪みながらもどこか幸せそうだった。

↑に続く文章を投稿して下さい

※注意事項※
・投稿する前に、規約及び、ルールをお読みください。
・半角文字・絵文字は使用しないでください
・5行以上の改行を含む事は出来ません
・連続書き込みは時間を置かないと出来ません
・一度に全角500文字以上投稿する事は出来ません
全角100文字未満の場合、投稿することは出来ません
全角100文字以上書いて投稿してください。
・不適切な書き込み又、あまりに脈絡のない(不条理な)展開は管理者により修正または削除されます
・パスワードは面倒と思ってもメモに書き取り、英数字を絡めた複雑なパスワードにするよう心掛けてください。
・AU製携帯は仕様上、更新的な操作を行わないと最新の状態にならない場合があるようですので、おかしいと思った場合は更新的な操作(ブラウザ履歴の消去・更新など)を行ってみてください
※悪戯投稿防止の為携帯電話の識別情報を取得しています。管理者が不適切と判断した場合、 これにより書き込みを拒否させていただきます。(これによる個人情報の二次利用等はいたしません)
環境依存文字は他の方が読めない場合があるので使用しないでください。
ペンネーム


本文


パスワード(8文字以内)


> > > > >