PiPi's World 投稿小説

変態教師の言葉責め地獄
投稿 リレー目次 投稿小説作家  官能リレー小説BBS 文章変更 リレー管理  リレー小説一覧
変態教師の言葉責め地獄の最初 変態教師の言葉責め地獄15 17/42 変態教師の言葉責め地獄17 変態教師の言葉責め地獄の最後 

濡れた肉を、濡れた肉から引き抜き、捩じ込む音が愛理の耳を犯し、興奮させた。
「先生!!先生!!先生!!はぁあああん!!」
愛理の中が引き絞られ、腰がかくかくと浮いて動く。
木元のペ●スも中で蠢く肉に猛り始める。
「おおおおおお!!いいマ○コだぞ!愛理ぃいい!!もっともっと突上げてやるからな!!!」
木元は愛理の腰を掴むと、ピストンの速度をあげた。
「あっっあああああっああああ、だめ!もうイクッイっちゃいますっ!!」
「いいぞっイケ!好きなだけイキまくれ!!何度でも何度でも突上げてやるぞぉ!!愛理〜〜〜〜〜〜〜〜!!」
「あああああああああああああああああああああああ!!!!イクーーーー!!イクーーーーーーイクゥーーーーーーーーー!!マ○コイキますぅううううううううううう!!!!!!」
愛理の中が木元をきつく締め付けて、痙攣とともに蠢きペ○スを擦る。
「うぉおおおおおお!締まる!!!!!」
木元は愛理の腰を掴んで、歯を食いしばった。
「うぉおおおおおおおおおおお!!!!」
射精感を静止して、こらえると中がだんだんとゆるんでくる。
木元はそこを見計らって、再びピストンを続けた。
愛理は絶頂を迎えたばかりのそこを突上げられ、奥を何度もノックされ、狂ったように喘ぎ叫んだ。
「あひいいん!!らめええ、イったばかりのマ○コが!マ○コがおかしくなっちゃう!!愛理壊れちゃう!!!!!」
愛理は木元に抱きついた。
「先生!!先生!!先生!!先生!!あっあっあっああああああ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!!」
「愛理ぃいいいいいいいい!!!」
「気持ちいい!!気持ちいい!!先生のチ○ポ!気持ちいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」
愛理の中で木元のペ○スが体積を増した。
ぐぐっと中を広げて膨らむ。
「あああああっチ○ポが‥‥‥大きくなってる!」
「そろそろマ○コに中出しするぞ!お前の子宮に俺のザーメンくれてやるからな!」
木元の腰が愛理の子宮を力強く連続でノックする。
そのたびに2人の身体が大きくゆれ、肉のぶつかりあう音がなった。
パン!パン!パン!パン!パン!パン!
愛理の膣が再び木元をきつく締め付けた。
がくがくゆらされる中愛理は目を閉じて、来るべきアクメを待つ。

変態教師の言葉責め地獄の最初 変態教師の言葉責め地獄15 17/42 変態教師の言葉責め地獄17 変態教師の言葉責め地獄の最後 
投稿 リレー目次 投稿小説作家  官能リレー小説BBS 文章変更 リレー管理  リレー小説一覧
表紙へ 
> > > > > >