PiPi's World 投稿小説

先祖がえり
総合順位:5位
ハーレム:1位
得票数:8383
発起人:せい
投稿日:2012-11-20
最終投稿者:せい
最終更新日:2014-01-18
投稿数:1015

この作品には18歳未満禁止の内容が含まれています。

書き出し
木崎 狐太郎(キザキ コタロウ)は孤独だった。

彼は今年で14歳になるが、その身なりは小柄でいかにも線が細い印象が目立つ、まさに少年と呼ぶに相応しい体つきであった。

顔つきも幼かったが、幼いなりに整っており可愛らしいと言えた。

性格は弱気で引っこみ思案だが、かなりの優しさも併せ持っていた。

しかしその弱気な性格からか、はたまた華奢な体つきからか、彼は学校でいじめられていた。

物は隠される、無理難題を押し付けられる・・・彼が涙する度に周りの友人(と呼ぶにふさわしいかは別だが)は蔑んだ目で笑っていた。

弱気な彼は言い返すことも出来ず、ただ黙ってその行為を受け入れるしかなかった。



彼の父親である正親(マサチカ)は狐太郎の祖父にあたる 木崎 源之助(キザキ ゲンノスケ)が束ねる国際的大企業「木崎コンツェルン」の重役を務めていたが、元より狐太郎の母親である(明美)と駆け落ちした仲であるということもあり、父である源之助との仲がこじれ、狐太郎が小学校を卒業するころに木崎家本家から離れ、今では狐太郎、正親、明美の3人で暮らしている。
小説を読む