PiPi's World 投稿小説 淫らな館

淫らな館
官能リレー小説 - その他

総合順位:2129位
その他:181位
得票数:7
発起人:組長
投稿日:2017-10-08
最終投稿者:匿名さん
最終更新日:2017-10-13
投稿数:6

この作品は官能小説です。
18歳未満の方は閲覧禁止です。またアダルトコンテンツを不快に思う方はご遠慮ください。

はじめから読む

書き出し

眠りから目覚めた時、俺は柔らかなベッドに横たわっていた。
傍らには暖炉があり、薪の上で炎が踊っている。
夜なのか室内は薄暗く、まるで部屋全体を暗闇が覆っているかのようだ。
「ああ!良かった!やっとお目覚めになられましたのね」
その声に導かれるように声の方向に目を向けると、宝石のように美しく鶴めくアーモンド型の碧い瞳と目が合う。
其処に居たのは、まるで絵の中から抜け出してきたように美しい女だった。
年齢は十代の後半くらいだろうか。輝くような黄金の髪と澄み切った青空のような碧い眼。
青みがかった透き通るような白い肌は、今にも闇の中へと溶けてしまいそうだ。

SNSでこの小説を紹介

その他の他のリレー小説

こちらから小説を探す