PiPi's World 投稿小説 第20話『企画・花火大会』 調教学園寮夜話(学園物/官能)

調教学園寮夜話

作:冬彦
/ 63
しおりを挟む 名前変換
調教学園寮夜話の最初へ
調教学園寮夜話 53
調教学園寮夜話 55
調教学園寮夜話の最後へ

第20話『企画・花火大会』-1

第20話 『企画・花火大会』



 長いような、短いような、約1ヶ月に及ぶ夏季休暇にも漸く終わりが見えてきた或る日のこと。 寮祭や寮監へのサプライズ、球技大会の練習といった『人がましさ』があるイベントの副作用だろうか、それとも単純に夏季休暇が長く続いたせいだろうか。 どことなく規律の弛みを感じたAグループ5人は、例によって寮長室で相談している。

「なんだかんだいって、Bは全然マシだって。 朝のご挨拶や食事でも、絶対私たちを待たせないもん」

「問題はCだよ……。 ウチもイラっとさせられることが増えてきた。 ちゃんとイワせといたけどさ、昨日ウチとすれちがったC生なんて、すれ違いざまに挨拶したんだぜ。 信じらんない。 ちゃんと止まって、道を譲って、挨拶は直立不動だっつーの」

「あー……わかるわかる。 そういうちょっとしたところで手抜きされたら、私だって腹立つもん」

 ふくれているのは【A2番】、【A3番】、顰め面気味な【A5番】。 3名は一目で不機嫌と解る。

「だいたい朝のご挨拶にしても、最近C生が遅すぎる。 お尻をだしてからキバりはじめるヤツもいるんだから。 即しゃがむ、即発射、即掃除……3即がご挨拶の基本なのに、ありえない」

「だよなぁ。 ご挨拶を始める前に歩きながらキバっといて、いつでもどこでも排便できるようにするのが、C生のマナーみたいなもんじゃん。 それが出来てないなら、何のためにアヌス拡げて突っ立ってるんだって、そういう話になるわけさ」

「全体的に自覚が薄いかな……常識がないっていうか、弛んでるっていうか」

 3人揃っておかんむり。 一方で、

「……あたしはしょうがないと思います。 夏の間色々あったし、あたし達だって悪ノリで遊んだこともあったじゃないですか。 ただでさえ羽が伸びちゃうお休みですから、つい気が抜けちゃう事だってありますよ」

「そうですねぇ……あまり感心はしませんけれど、わたくし達も最初の夏はあんな感じだったじゃありません? もう直授業が始まりますから、放っておいても自然に元に戻るでしょうし。 ですから、あまり目くじらを立てずともよろしいんじゃないかしら」

 【A1番】と【A4番】は穏健派だった。 2人とも決して後輩に甘いわけではないが、不必要に厳しくすることを嫌う傾向がチラホラ見える。 そんな2人に対し、3人は口を尖らせる。 

「甘い。 甘すぎる。 しょっぱなの夏休み明け考査でC生がボロボロになろうもんなら、全部責任がふってくるよ。 いっとくけど私、自分のせいなら大概我慢できる。 でも他人の成績のしりぬぐいだけは嫌だかんね」

「右に同じ。 ここは例年どおりさ、ビシッと〆の行事を捻じ込んでさ。 C生に気合入れた方が絶対いいって。 このままじゃ、アイツら揃ってぷらんぷらんになっちゃうかも」

「正直いって、C生にとっても、ここいらで一度厳しくされといた方がいいと思う。 ふわついた気分で授業が始まったら、一番困るのは自分自身だからね。 喝を入れるっていうか、もう1回上下関係キッチリさせて、全力でオマンコさせておくのは大事だと思う」

 3人の勢いを前にすると、どうしても2人は押され気味になる。 

「まぁまぁ、そういわずに……」

「みんなのいうこともわかりますけど……」

 【A4番】にしても【A1番】にしても、いつの間にか宥める恰好になってしまう。 こうなってしまっては話し合いの結果は見えていて、結局、夏季休暇最終日に『後輩を〆る』目的で寮行事をすることが決定した。 ただ『〆る』といっても、【A2番】達が主張したように『Cグループを直接〆る』ことにはならない。 Cグループの弛みは、Bグループの監督不行き届きが原因だ。 ゆえにAグループが指導する対象は、【A4番】の主張が通り、あくまでもBグループに限定となる。 具体的には、緩みが目立つCグループ生と同室のBグループ生が、指導対象だ。

 こうなると、後はどんな行事をもってくるかが論点になる。 例年にはない行事なため、常ならば去年や一昨年の例を参照すればいいところだが、先例がないため自分たちで考えるわけだ。 『額縁』や『蟲食』、『潜呂』に『雪隠』といった普段の指導メニューだと芸がない。 となると、発想自体が難しくなる。




SNSでこの作品を紹介

他の官能 /学園物の小説を読む

I need you.

( 学園物/ 完結 ) 著: 未来
評価: 票数:24
投稿日:2006-04-08 00:00:00

 目を覚ますと教室だった。時計を見ると午後8時、ってことは4時に終礼が終わってから4時間ここで寝てたのか!未来は驚いた。周りの教室の明かりは全て消えている。

男子高校生 斎藤正幸

( 学園物/ 連載中 ) 著: メンメン
評価: 票数:135
投稿日:2007-09-04 00:00:00

正幸は1年前からクラスメイトの清純で可愛い神谷綾香に片思いをしていた…

『メイドになりきって…』

( 学園物/ 連載中 ) 著: もしょ
評価: 票数:1067
投稿日:2008-03-08 00:00:00

高校の文化祭の出し物はメイド喫茶に決定!ちょっと古いけどやっぱりメイドさんにはあこがれます…。

キミはマジメでインランアクマ

( 学園物/ 連載中 ) 著: zizz
評価: 票数:253
投稿日:2010-02-16 00:00:00

彼女は、腰を上げる彼の前に立ちはだかった。長い黒髪の三編みと黒縁眼鏡は、いかにもマジメな女生徒といった風貌だ。実際、彼女――眞弓沙耶子はその外見を裏切らないほどのマジメさで、矢倉謙也を辟易させていた。

下校途中の寄り道

( 学園物/ 完結 ) 著: アラフォー市民
評価: 票数:14
投稿日:2010-09-10 17:44:26

「教師の情事」の続編です。その後の正之や順子、それをとりまく人々を取り上げました。

官能 /学園物のリレー小説

> > > >