PiPi's World 投稿小説

黒でんわ・赤でんわ 官能小説-ロリ

作:猫山(ニャゴやま)猫介

受話器のむこうとこちらにひそむもの-1

 私は小学三年生だった。
 そのころ私ン家の電話は、私が生まれたころから使ってる黒電話だった。
 ダイヤルを回して、電話をかけるやつ。
 電話なんて、そんなものだと思ってた。

 三年生になった時。
 私は、ママからこんな事を教えられた。
 「みね子チャン、よくおぼえておきなさい。
 これからは、パパやママがいない時に、みね子チャンが かかってきた電話に出てお話することがあると思うの。
 だけど、かかってきた電話に出る時は、まず『はい』とだけ言うのよ。
 むこうの人の方から、『カナカタさんのお宅ですか?』って聞いたら、『そうです。』って答えるのよ。
 でないと向こうの人に、『そうか。この番号はカナカタという家の番号なのか。』ってバレてしまって、ドロボウに入ってくることになるのよ。」
 理由はよくわからなかった。けど、ドロボウに入られるのは怖くて、私はママの言いつけを守っていた。

 ━━━

 11月、だいぶ夕暮れが早くなったころ。
 ひとりで家にいた私はベルの音を聞いて、あわてて電話のある薄暗い居間に駆けつけた。

 「はい!」

 私は、いつものとおり返事すると、電話の向こうから男の人が話しかけてきた。

 男「もしもし、お嬢ちゃん。ママかパパか、大人のひとはいないかな……」
 私「今、誰もいません。」
 男「そうか…… じゃあ、お嬢ちゃんに話があるんだけど。」
 私「はい……」
 男「お嬢ちゃんは、『オナニー』って知ってるかな?」
 私「お……おなにい、ですか? ……知りません。」
 男「そうだね…… まだお嬢ちゃん、小さそうだもんね。
 でもね。お嬢ちゃんもオナニーを知っておかないと、そろそろ困ると思うから、お兄さんが教えてあげるよ。」
 私「はい……」

 私は「お嬢ちゃん」と呼ばれたことで、なんとなくワクワクしていた。

 男「じゃあ、まず パンツの中に手を入れてごらん。」
 私「パンツの 中に……?」
 私が戸惑っていると、
 男「……さっさと言われたとおりにしろよ!」

 電話の向こうで男の人が怒鳴った。私は怖くなって、パンツの中に手をサッとつっこんだ。
 私の手にオシッコの出るワレメの、少し湿った感触が伝わってきた。
 電話の向こうで男の人が言う。

 男「もう少し手を奥に入れて、中指をお尻の方に近づけてごらん。」
 私「はい。」

 私は言われたとおりにした。すると、中指の先が当たった所が強く感じた。

 私「んあっ………」
 私の小さなうめき声を聞いて、男の人は電話の向こうでフフッと笑った。
 男「いい所にたどりついたようだね。そのまま、その中指を左右に動かしてごらん。」
 私「はい……」

 私はおずおず中指を左右に動かしてみた。



 
 
 

 
 

黒でんわ・赤でんわの最初へ
黒でんわ・赤でんわ 0
黒でんわ・赤でんわ 2
黒でんわ・赤でんわの最後へ
/ 4
しおりを挟む 名前変換

SNSでこの作品を紹介

他の官能 /ロリの小説を読む

> > > >