PiPi's World 投稿小説

谷 舞子さんの小説作家プロフィール
ペンネーム谷 舞子
性別
ファンの数62
好きな作家岩井志麻子
尊敬する人物信じている方です
好きな本恋愛小説・官能小説
お薦めの本ダンテ「神曲」
座右の銘あきらめない
コメント背徳的な官能小説を書いていますが、クリスチャンです。ヤフーブログ「谷 舞子のSM官能小説雑記帳」にも、投稿した小説のいろいろなネタ話(笑)などを書いています。
谷 舞子さんの小説一覧
イノセント・ラブドール
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2017-07-23 17:25:42
イノセント・ラブドール…それは純粋で無垢な彼の欲望であり、 同時に私の欲望そのものだった…。
きわめて自慰的なマゾ男の手記、あるいは散文詩
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2017-03-20 16:56:05
十年前、Kikuoという名前の中年のマゾ男性から送られてきた手記…。 彼は夢の中にあらわれた愛おしい夢魔―サキュバスに胸を躍らせ、自らの性に服従した…。
愛獄戯館
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2016-12-23 16:27:07
色褪せた古い手紙に秘められた物語… そこには、遠い昔のわたしがいたような気がする…。
水晶玉の告白
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2016-08-15 17:51:22
ある女性の告白が、夏の眩しい光に晒された水晶玉の中から聞こえてきませんか…。告白によって妖しく輝く水晶玉を楽しんでいただければと思います。
ヴィーナスの思惑
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2016-03-22 10:54:48
以前、私が書いた作品「藍雨」の姉妹編になります。 ヴィーナスはマゾ男性の永遠の憧れなのかもしれません…。
風彩の宴(うたげ)
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2015-11-05 12:33:12
幻夢のように彩られた私と彼だけの遠い記憶… どこからか吹いてくる秋風を感じながら、静かに読んでいただければと思います。
バリ島奇譚
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2015-06-07 17:52:50
S嬢の「男性器去勢」への幻夢…あるいは封印された性愛。 まだ訪れたことのないバリ島の色鮮やかな情景を想い浮かべながら書きました。
蒼虫変幻
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2015-02-11 18:14:36
追憶に秘められた青年と私の自虐的な性の倒錯…。 蒼虫(あおむし)に喩えた彼のペニスの悲哀の物語です。
ひこうき雲
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2014-08-23 17:36:49
AVに出演したことのある三十六歳の女性の官能物語です。 ユーミンの曲を口ずさみながら軽いタッチの文章を意識しました。
冬桜
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2014-02-18 18:02:07
かつてSMクラブの女王様であった女… 彼女の気だるい欲情と性の倒錯を描きます。
曼珠沙華
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2013-09-28 17:31:12
性的不能の老人が、私の肉体に抱くフェチ的妄想… 曼珠沙華の花に彩られた私のナルシシズムを描きます…。
縄灯
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2013-05-11 14:46:10
縛られたい願望ってありますね…そんな私の妄想を書いたSM官能小説です。 ご一読いただければ嬉しいですね。
続・天狗屋物語
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2013-02-11 15:13:53
アダルトショップ「天狗屋」のコミカルなSM物語です。 「天狗屋物語」の続編になりますので、本編も読んでくださいね。
新・ある季節の物語
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2012-09-08 18:06:53
軽いタッチのSMショートストーリーです。 四人の女性たちの心の季節を少しでも感じていただければ嬉しいですね。
藍雨
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2012-07-01 17:07:34
梅雨ですね… ふと、こんなM男さんの物語を書いてみました…。
眠れない妻たちの春物語
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2012-03-17 16:33:02
三人の妻たちのほんのりとしたSMショートストーリーです。
天狗屋物語
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2012-01-14 17:27:30
アダルトショップ「天狗屋」のコミカルなSM物語です。
続・聖夜
( その他/ 完結 )  著: 谷 舞子
2011-11-27 16:19:53
「…見よ、おとめが身ごもって男の子を産む…。その名は、インマヌエルと呼ばれる…」 (マタイによる福音書 第一章二十三節より)
淡恋
( 同性愛♂/ 完結 )  著: 谷 舞子
2011-09-12 17:08:26
カテゴリは男性の同性愛ですが、SMシーンもあります。
南の島にて
( その他/ 完結 )  著: 谷 舞子
2011-07-28 13:48:55
ある夏の日の短い物語です。
続・幻蝶
( フェチ/マニア/ 完結 )  著: 谷 舞子
2011-05-02 18:43:11
前作の幻蝶の続編になります。 亜沙子とヤスオの物語です。   
三人の男たちの冬物語
( SM/ 完結 )  著: 谷 舞子
2011-01-22 16:39:00
午前零時…あなたは、ベッドの中でなかなか眠りにつくことができなかった。
聖夜
( その他/ 完結 )  著: 谷 舞子
2010-11-15 19:01:00
「…自責の怨念にかられた尊く清らかな魂よ…天に詩を歌い、地に詩を歌うがよい…痛みによる呪縛こそ、あなたのすべての良心なのだから…
幻蝶
( フェチ/マニア/ 完結 )  著: 谷 舞子
2010-09-04 14:49:48
仄かに暗い果肉の洞窟の中には、秋の風がどこからか蜜液の甘い香りを運んでくる。
邪愁
( 痴漢/痴女/ 完結 )  著: 谷 舞子
2010-06-01 00:00:00
…あなたが望んだとおり、わたしはラビアピアスをしているわ…
海螢
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2010-01-26 00:00:00
…そんなはずないわ… 双子の姉が久美子にいることを母が告げたのは、母が死ぬ直前だった。
恋人に捧げる舞子の物語
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2009-07-20 00:00:00
あれは、あの男の茹でた鶏骨のような細い指だったのか…。
鎮魂
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2009-03-31 00:00:00
 かつて南欧の詩人は言った… …その深い森はあなたの罪深い生活の寓意であり、その森の中の門の先は、時のない無限の快楽に溢れた地獄の暗闇である。
ある季節の物語
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2008-12-10 00:00:00
美穂が振り向いた瞬間だった…。 僕の掌が美穂の肩に触れた。そして片方の手が腰にあたりを抱き寄せる。
万華
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2008-08-16 00:00:00
「おしっこを呑ませてほしい…」  私の潤んだ性器の前に跪いた銀髪の男が私に哀願するように言った。
腐肉
( SM/ 連載中 )  著: 谷 舞子
2008-05-02 00:00:00
すっと下半身が一瞬痺れたような疼きを感じたとき、僕は重い眠りから目を覚ました。   夢精だった。
こちらから小説を探す
SNSでこのページを紹介